治らない性病もある

性病は基本的に適切な治療さえ行われれば完治させることが可能です。
早い段階で病気の感染に気付き、そして医師の判断で処方された薬を服用すればほとんどが完治できるのです。
ただ中には一度感染すると治らなくなるような性病もあるということは知っておかなくてはなりません。

では具体的に一度感染すると治らなくなる性病とは何かと言うと、代表的なものがHIVとヘルペスの二つです。
まずHIVとはいわゆるエイズのことであり、この病気は一度感染すると一生完治しないものとして有名です。
医学界でも対策が急務の病気として扱われており全世界で研究がすすめられていますが、現状ではまだ完治させる特効薬が存在していません。

基本的な治療法としてはHIVの原因であるウイルスの活動を抑制する対症療法しかないため、治らない性病としては最も注意が必要な存在であると言えるでしょう。
次いでヘルペスですが、こちらもHIVと同じくウイルスが原因となって発症する性病です。

HIVほど症状は深刻であるわけではありませんが、ヘルペスの原因であるヘルペスウイルスは一度感染すると人の体の奥に潜伏して存在し続けることになります。
通常時であれば問題は無いことの方が多いのですが、ストレスや疲労などの要因で免疫力が低下してしまうと症状が出始めてしまうことになるわけです。
ヘルペスの症状が出てきた時にはバルトレックスなどの薬で対処することになりますが、この対処が出来る分HIVよりはまだ危険度が低いと言えます。
ちなみにこれまでは梅毒なども一生治らない病気とされていましたが、現在では抗生物質の投与によって治療が可能になりました。

そのため将来的にはHIVもヘルペスも完治できるようになる可能性はあります。
ただ現状では治療が難しいのは確かであるため、感染しないように普段から予防を心がける必要があるとして覚えておきましょう。

人気記事一覧