• ホーム
  • 性病は性器だけではなく喉にも症状が見られることがある。

性病は性器だけではなく喉にも症状が見られることがある。

近年では、デジタル化が急速に進んでいることもあって、情報がそこかしこに溢れるようになり、性行為を行う年齢が男女ともにどんどん低年齢化しているといわれています。
また、避妊や性病についての正しい知識を習得していない人も多く、それが望まない妊娠や深刻な性病を引き起こしていることもあります。
性行為を行う以上、妊娠や病気についてはしっかりと認識するべきです。
どちらも予防すれば高い確率で防げるものなので、面倒くさい、雰囲気を壊すなどと安易に考えず、男女関係なく自分の身は自分で守るというスタンスで、きちんと対策を取りたいものです。
また、愛するパートナーのため、お互いに相手を傷つけないためにも、妊娠を望んでいないのであればきちんと避妊をするということや、不特定多数の人と簡単に性交渉を持つのは避けるようにしましょう。

最近はオーラルセックスも一般的になっているので、性器だけではなく喉に性病のウイルスが見られることも多く、コンドームを付けていても性病に感染してしまったという患者が増えています。
性行為は性器どうして行うものだけではなく、口を使って行うものも含めるので、必然的に喉に感染してしまうこともあり注意が必要です。
オーラルセックスを行う場合でもコンドームの着用が望ましいですが、なかなかそこまで徹底しているカップルは少なく、知らず知らずのうちに感染を広めてしまっている患者が多いといわれています。
性病は、カップルで同時に治療を進めることが鉄則で、相手に言いずらいからと放置しているのはとても危険です。
性器や喉に不調が生じ、性病の診断が下されたら、勇気を出してパートナーにも伝え、同時に治療をすることが二人の関係性においても大切です。

人気記事一覧
サイト内検索